FC2ブログ

プロフィール

サポートセンター事務

Author:サポートセンター事務
東京ふれあい医療生協 梶原診療所 在宅サポートセンターの日記です。

東京ふれあい医療生協のHP

メール

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2ブログランキング
↓ ランキング登録中、ご協力お願いします!

FC2Blog Ranking

緩和ケア

「緩和ケアを知っていますか?」

2007年に公表された「健康と高齢社会世論調査」によると、
72%の人が知らないと答えているそうです。

緩和ケアとは、「苦痛を和らげ、穏やかに過ごせるためのケア」のこと。

WHOの緩和ケアの定義(2002年)では
「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に
直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題
スピリチュアル(霊的・魂の)問題に関してきちんとした評価をおこない、
それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティ・オブ・ライフ
(生活の質・生命の質)を改善するためのアプローチである」
とされています。

がんは、本人や家族に、様々な苦しみをもたらします。
がんの苦痛を和らげるというのが「緩和ケア」の大事な役割とされています。

でも、闘病中に苦痛に襲われるのはがんだけではなく、
慢性呼吸不全や神経難病などの「非がん」にも苦痛があり、緩和ケアを必要としています。

苦しみを和らげる「緩和ケア」

在宅サポートセンターでの緩和ケアの取り組みについて、
このブログでも少しずつ紹介していきます。



日々是改善…

在宅サポートセンター 地域医療連携室。
毎日の「訪問診療」「往診」は、医師も看護師もこの部屋から出発します。
カルテも、物品も、かばんも、スタッフもここにいます。

スタッフ同士で知恵を出し合って、昨日より今日、
今日より明日と、進化出来るように工夫しています。

一人の看護師さんが
「家では使わないメイクボックスだけど、往診の道具入れに使えるかも…」
と、持って来てくれました。

「おぉ~!!
これは、いろんなもの入れて持ち運べる!!」
と、みんなから歓声が上がり、早速、別の看護師さんが
たくさん入るけど、
「大きくて重くてなかなか欲しいものが見つからない緊急用バック」から、
おもに「点滴用」として必要なものを取り出して入れてみました。

090413_172455.jpg
【手作り薬品入れ】↓↓

090413_174754.jpg
【完成品】↓↓
090413_174845.jpg
メイク道具を持ち運ぶのと、往診用の物品を運ぶのは、
共通点がたくさんあるかもしれない…


歓送迎会

春です。
春は、出会いと別れの季節。

転居することになった介護相談センター長の送別会と
新しいケアマネージャーの歓迎会をしました。

場所は、王子の豪華飯店。
おすすめは、あんかけチャーハン!絶品です!

が、食べるのに夢中で写真がなく…
かわりの写真を…


からあげ


「在宅サポートセンターがこんなにスタッフが増えて大所帯になるとは、
考えたこともなかった」
と挨拶の中であったようにスタートを担ったメンバーの一人です。
たくさんのスタッフで別れを惜しみました。

スタッフペット自慢!

在宅サポートセンターには、医師、地域医療連携室看護師、訪問看護師、ケアマネージャー、
理学療法士、介護福祉士、ヘルパー、ドライバー、事務といろいろいます。
職種は違えど、ペットを愛する気持ちは同じ。
自慢のペットを掲載します。

bom.jpg

介護相談センタースタッフSさんの愛犬 Bom君


こう八

ほほえみヘルパーステーション Kさんの愛犬 こう八君

ブログ開設!

今日から、このブログで在宅サポートセンターのいろいろなことをお知らせします。
お楽しみに!