FC2ブログ

プロフィール

サポートセンター事務

Author:サポートセンター事務
東京ふれあい医療生協 梶原診療所 在宅サポートセンターの日記です。

東京ふれあい医療生協のHP

メール

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2ブログランキング
↓ ランキング登録中、ご協力お願いします!

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日生協在宅医療フェローシップ東京 Class2010 終了式・ポートフォリオ発表会

短期集中もそろそろギブアップな気配であります。
年度末になり、総括や様々な業務が増えてまいりました。
しばらくはまた、ちょっと無理をしないペースに下げて更新していこうと思います
人間、無理をしない、って大切ですよね


さて、3/20(土)、日生協医療部会の南部ビルにて、
日生協在宅医療フェローシップ東京 Class2010 終了式・ポートフォリオ発表会
が行われました

思えば2009年4月、梶原診療所が「日生協在宅医療フェローシップ東京」の研修施設としてスタートしてから、一年が経とうとしています。

スタートした際にもお知らせしましたが、「日生協在宅医療フェローシップ東京」とは、
日本在宅医学会が行なう在宅医療専門医育成のための研修プログラムの一つで、
在宅医療専門医を目指す医師が一年(あるいはそれ以上)の期間、在宅研修機関で研修を行い、在宅医療専門医を取得する制度です。

このプログラムの記念すべき第1期生としてスタートを切った斎木先生、横林先生の修了式、そしてポートフォリオ発表会ということで、当院からは3人のスタッフが参加しました。

syou0
日程の関係でご来場いただける方は少ない、と言う予想だったのですが、心配をよそにたくさんの方がいらしてくださいました。


aso

syou3

まず、各先生のポスター発表があります。

syou4

syou4

syou5

syou6

その後、スライドによる1年間の学びのまとめが発表され、最後に修了証書と盾の授与が行われました。
この修了式を持ちまして、お二人の先生は在宅の研修を完全に終わられます。
在宅フェローシップは1年間のプログラムですが、後期研修のレジデント時代から数えると、お二人は4年間、在宅医療を学んでこられました。
その4年間の集大成のようで、参加しているスタッフ一同、涙ほろり…

syou9

式の最後には、お二人から指導医の先生方へサプライズ
お花が送られ、またまた涙ほろりでした

横林先生は4月から広島へ帰られます。
寂しい別れですが、横林先生なら、広島へ行かれても大丈夫
在宅医療にかかわる限り、またどこかでお会いする機会があるのではないか、とスタッフ一同期待しております。
斎木先生は4月から当院の常勤医師として、またバリバリご活躍いただく予定です。
今度は指導医として、後輩の先生方を育ててくださること、楽しみです

斎木先生、横林先生、本当にお疲れ様でした。
修了、おめでとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 研修会・講習会・イベント
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。